「マフィアは夏だけ殺す」~ カラブリア人としてマフィアについての感想

読んでいる人、こんばんは。今度はちょっと前書いた作文を伝えいたいけど、この話は大事なので、もっと話せば話すほどいいんじゃないと思った。さらに、この映画はイタリア人じゃない人にとってちょっと難しいかもしれないけど、楽しくて、簡単にマフィアについて知らせると思うのでイタリアの一つの面に興味がある人におすすめです!

南イタリアの監督による「マフィアは夏だけ殺す」という映画である。話はイタリアでのマフィアについて語っている。主人公はアルトゥーロと呼ばれるシチリアの記者で、八十年代の子供のころからのシチリアのマフィアの事実について語るのである。まだ子供だったが、すぐにマフィアに気がついて怖かったので、父親に「マフィアは私たちも殺すのか」と聞いた。父親は「大丈夫。今は冬だから。マフィアは夏だけ殺す」と答えた。

その後数年間の彼の成長と同じ時期に多くのマフィアの大虐殺が発生したが、人々は無関心で、司法官と将軍と警官が殺された。アルトゥーロはとても心を動かされ、マフィアについて本当のことを語る記者になりたいと思い、また息子に悪を認識して、それと戦うことを教えたいと思った。そして記者になった。

この映画は八十年、九十年代のイタリアのマフィアの闘争を語っているが、語り口は辛辣でその笑いは苦しみに歪められている。私はマフィアは一番大きな問題のひとつで、残念ながらイタリアだけでなく、全の世界に普及していると考える。私はシチリアでなくてカラブリアで生まれて育って、子供の時からマフィアのことを学んだ。「ンドランゲタ」と「コザ・ノストラ」と「カモッラ」はイタリアで最も大きくて強いマフィア組織で、長い歴史があるが、起源は不明である。しかし、ひとつの原因は十九世紀に大土地所有の権限を守るために、マッサーリという大土地所有武装警備団が封建貴族に代わって農民の抗議を静めていた。年月が重なるにしたがって彼らの権限はさらに強くなり、さまざまな分野を制御するようになっていった。マフィアは秘密結社で、参加するためには提携の儀式と宣誓が必要である。

現在マフィアは武力抗争を正当化するために国家機関と協定している。たとえば、マフィアは恩恵(不法な請負と引き換えに政治家に一票をもたらすのは一つの例である)を与えることがある。だから、このシステムを崩壊することはとても困難である。その上、マフィアは彼らの権限とお金を得るために慈悲をぜんぜん持たず、彼らに反対して阻止しようとする人を脅迫して、殺すのである。もちろん人々は恐怖心があるので、多くの場合に告発しない。また、告発することもあるが、国家は必要な保護を常に提供しないので、人々が自分と家族の生活を危険にさらしたくないことは理解できると思う。

私は映画のアルトゥーロと同じように人々、特に子供にマフィアについて知らせたいと思うし、一緒に打ち破りたいと考えている。

Annunci

Pubblicato da

Kabura

Japan, matcha, animals, nature, photo lover. Curiosa del mondo presente, passato e futuro

Rispondi

Inserisci i tuoi dati qui sotto o clicca su un'icona per effettuare l'accesso:

Logo WordPress.com

Stai commentando usando il tuo account WordPress.com. Chiudi sessione / Modifica )

Foto Twitter

Stai commentando usando il tuo account Twitter. Chiudi sessione / Modifica )

Foto di Facebook

Stai commentando usando il tuo account Facebook. Chiudi sessione / Modifica )

Google+ photo

Stai commentando usando il tuo account Google+. Chiudi sessione / Modifica )

Connessione a %s...