一日のことわざ (ichinichi no kotowaza) ~ Un proverbio al giorno – 2

一か八か

Ichi ka bachi ka

運を天にまかせて、事を行う、大勝負をすること。のるかそるか。一と八とはそれぞれ丁と半の上の部分をとったものといわれる。

「一」と「八」がなんであるのかについては、いくつか説があるようですが、いずれもカルタ賭博、あるいはサイコロ賭博から発生した言葉であるとしています。一つは、賭博における「丁か半か」の「丁」「半」という字のそれぞれ上部をとったものであるという説です。また一つは、「一か罰か」の意味でサイコロの目が一が出て成功するか、外れて失敗するかといったサイコロ博打説や、「一か八か釈迦十か」といったカルタ博打の用語説もある。

参考:実用ことわざ小事典、アクルサイトhttp://www.alc.co.jp/jpn/article/faq/04/90.html

DSC_8775

Uno o otto

(O la va o la spacca)

Affidandosi alla fortuna del cielo, una grande vittoria o una grande sconfitta lasciando che le cose accadano da sole.

I kanji di “uno” e “otto” sono ricavati dalle parti superiori dei kanji di 丁 e 半 usati nel gioco dei dadi del “pari o dispari” (chōhan) o nei giochi di azzardo con le carte. La teoria più accreditata è quella che deriva dal gioco d’azzardo in cui il punteggio finale più alto da raggiungere con 3 carte è 9. Da qui il detto “1 o 8, prego il Buddha per 10”: se si pescano due carte da 1 e 8 si arriva a 9, nella speranza (pregando il Buddha) che con la terza carta si arrivi a 10 per vincere.

Annunci